楽天の出店数、2015年では、42,000店舗!これは、国内のネットショップサービスでも5本の指に入る規模のショップ。

楽天出店数

 

楽天出店数の推移

2014年、Yahooショッピングへの出店が無料になったのを受けて、楽天、Amazonともに、出店数は右肩下がりだと言われています。また、高額な出店費用、運営費用が足かせになっているんですね。

 

ちなみにYahoo!ショッピングモールは、出店数28万店舗を数え、強力なネットショップサービスになっています。

 

 

出店者はこの店舗数をどう捉えるべきか?

楽天の会員数を見てみると・・・

楽天出店数

となっている。1億人が会員という計算。(有効会員数は、7,000万人と言われている)。出店数は減っているけど、会員数は、減っていない・・・という計算になる。

 

2015年 楽天に出店している店舗の売上報告

Yahoo!ショッピングモールが無料オープンしてから、楽天に出店している自分のお客さんの売上がどうなったか?気になるので、フォロー見てみた。このサイトでよく引き合いに上がっている「かばん屋さん」は…

 

2015年9月の売上が・・・

 

925,650円

 

2014年の同時期は997,850円だったので、若干の減になっている。けど、それほど大きなダメージを食らってはいない。他の「はんこ屋」「雑貨屋」を見ても、それほど売上に影響は出ていない。ほぼ横ばいだった。

 

Yahoo!ショッピングが無料だから・・・出店数が増えるのは当然だろう。しかし、それは消費者側から言えば、全く関係ない。楽天、だろうが、アマゾンだろうが、Yahooショッピングだろうが、ほしい商品があれば、どこだろうと関係ないのだ。

 

「ネットショップと言えば?」

 

という質問をしてみると、やはり「楽天、Amazonでしょ?」というイメージは、日本では、まだまだ強い。Yahoo!ショッピングも、最近、TVCMを打ち始めたけれども、

 

「Yahoo!ショッピング?なにそれ、Yahoo!オークションなら知ってるけど・・・」

 

世の中の消費者はまだまだ、そんなレベル。という事で、まだ楽天市場、Amazonあたりは売れるのでご安心を♪