モール型ネットショップ 楽天とAmazonの比較対決

管理人管理人

モール型ショップの両雄「楽天」と「Amazon」について比較検討するページです。この2つのどちらに出店しようか?と悩んでいる方は多いかもしれませんね。ちょっと裏話をすると・・・日本国内において、どんなWEB専門家も、「楽天」「Amazon」の2大巨頭には、勝てていないという現状があるんです。グルメと言えば、食べログ・ぐるなび・・・という時流であるのと同様に、ネットショップと言えば、やはり「楽天」「Amazon」なのですね。

そんな2つの巨大モールについて比較してみましょう。

楽天VSAmazonサービス比較表

サービス名 楽天市場 Amazon
初期費用 60,000円 無料
手数料 2%~7% 8%~40%
月額費用 19,500円~ 0円~4,900円
顧客数 1億人 9000万人
メリット 手数料安い。
オリジナリティが出しやすい
初期費用格安。
デザインの手間が無い
デメリット 初期費用が高い。
ショップのデザインしなければならない。
リピーターを捕まえにくい。
競合他社との差別化が図りにくいので価格競争が起こりやすい

こうして比較してみて、気づくのは、やっぱ楽天の出店料はたけぇなぁ・・・って事ですね?(笑)でも、中身を掘り下げて行くと、どっちもどっちだなって思えてくるから不思議です。では、詳しく一緒に各項目を見ていきましょうか?

 

比較その1 初期費用

楽天出店費用
▲楽天の出店費用は高い

これはもう、比較表の通り。楽天は60000円かかるのに対して、Amazonは無料。これはもう圧倒的にamazonが有利ですね。楽天市場の担当から聞いた話ですが、そのうち楽天も無料にしたい・・・なんて言っていましたが実際はどうでしょうか。まだ動きはないみたいですね。

 

 

 

比較その2 月額費用

%e7%a4%be%e5%93%a1a_%e3%83%9d%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%88_02これは毎月かかる費用です。楽天は4つのプランがありますが、19500円~100,000円かかるのに対して、Amazonは無料。もしくは4,900円です。小口出品と大口出品というのがありまして、小口出品の方が無料(但し1つ商品が売れるたびに100円取られます)。大口出品の方が4,900円です。小口出品は、Amazonが指定している商品区分しか出品不可能です(例えば本、DVDなど)。

対して楽天市場は、60000円かかりますが、どんな商品も出品する事が出来ます。

 

 

比較その3:販売手数料(システム利用料)

パソコンそもそもこの手数料って何?って方の為に、一応ご説明しますと「商品が一つ売れるたび、楽天とamazonに支払う額です。楽天はプランによって変動します。2%~7%ですね。対してAmazonの方はと言うと、8%~40%という手数料です。こちらは販売する商品によって率が変動します。平均は10%って思ってもらって良いですね。

モール型ネットショップは集客がめちゃくちゃ強いですが、こういう手数料が発生していまうのはデメリット。

 

 

比較その4:顧客数

挿絵グラフ楽天市場の顧客数が1億人に対してamazonは9000万人。両方ともものすごい数の顧客を抱えています。言わば駅のテナントに出店するというイメージですね。でも、実際自分のお店にどのくらい来てくれるのか?実感としてわかないですよね?カテゴリーにもよると思いますが、何もしなくても、だいたい月間3000人は来店すると思って頂いて良いと思います。メイクショップ、カラーミーなどのカート付きサーバを利用するのでは、こんなに集客数するのは、むずかしいです。

 

 

比較その5:メリット

こちらについては、以下の画像をご覧いただけば一目瞭然です。

amazon
▲amazon購入画面イメージ

 

これは、皆さんご存知のamazonの購入画面。実は、これ皆さんAmazonから購入していると錯覚しているんです。あなたのお店からだと気づいていません。実はamazonは、こういう仕様になっていて、ショップのデザインが出来ません。その為、競合他社との差別化を図るには、「価格に頼るしかない」んですね。

 

つまり、低価格競争が起こりやすいデザインシステムなんです。対して楽天はショップのデザインはフリーなので、自社製品を価格以外でPRする事も可能です。利率が低い商品を売りたい!という方には、楽天市場の方が実は向いています。

 

別の記事に詳しく書いているので、そちらをご参考ください。

>> 楽天市場出店のメリットとamazonのデメリット

 

ネットショップ出店するなら「楽天」?「Amazon」?

ここまで色々な切り口で比較してみましたが、結局、どちらのネットショップサービスを利用するのが良いのでしょうか?その答えはズバリ・・・

 

管理人管理人

どちらも利用しちゃえばいいじゃん!

 

という事です。適当に言っているのはありませんよw 楽天・Amazonどちらも相当の集客力と購入率の高さを誇っています。この2つに出店すれば、相当下手な事をしない限り「売れない・・・」なんてことは、まずありえません。はい( ・ิω・ิ)

それでも、どちらか一つ・・・というのであれば、商品の粗利を優先するのが良いかもしれません。

 

粗利が良いのであれば、10%持って行かれるけどamazon。
粗利が良くないのであれば、2%程度の楽天。

 

ここポイントになるかもしれませんね。あぁ・・・だからと言って手数料の発生しない「Makeshop」とか「カラーミー」などに逃げるのは駄目ですよ?その理由は、集客力が無いからです。ショップ開いたけど閑古鳥・・・そんなお店を腐るほど見てきているのです。

楽天 VS Amazon比較のまとめ

  • 楽天はプランによって初期費用が変動。amazonは商品カテゴリーによって変動。
  • Amazonは販売ページが同一のため、オリジナリティが出しにくく低価格競争が起こりやすい
  • Amazonと楽天両方に出品するのがベスト!
  • どちらか一つ選ぶのであれば「粗利」を基準に考えてみる

 

今回は以上です。最後までお読み頂きありがとうございましたm(_ _)m

 

【特別付録】 主要ネットショップサービス資料請求ページ

btn_cta
楽天市場、Amazonを始めとする主要ネットショップサービス各社の資料請求先をリストにしました。クリックすればすぐ資料請求、無料体験などが可能になっています。

資料請求などは無料ですので、どんどんチャレンジしてみてください!